以前ご紹介しました小さな総角結びには房を付けて仕上がりとなり、

その房の部分に使う糸がこちらです。

ゴールド房糸

糸の粒が小さくとても細い糸です。しかし細いと言ってもちゃんと撚りが掛かった糸です。

画像の右と左の糸で差があるように見えませんでしょうか?

糸自体はもちろん全く同じ物なのですが、糸を綺麗に伸ばしているかどうかの差があります。

ちなみに左が癖を取った物です。

癖を取って伸ばすのは房の仕上がりを綺麗にするという事はもちろんですが、

この糸の束を使う分量に分ける作業をする時に絡まないようにする為でもあります。

糸を分けるというのはこの糸の束の一か所をハサミでザックリと切って

指の感覚で使う分量を振り分けるというダイナミックなようで繊細な作業です。

切り口を握る手を放してしまうと大惨事となるので要注意です。