赤と紫で同じ作りですが用途の違う2点の房を作りました。

まずこちらの赤い房は掛け軸の房。

紐に風鎮を通して掛け軸に掛ける房です。

赤で作るのは初めてのような気もします。

そしてこちらは仏壇の引手の房です。

房の長さは6㎝で、小ぶりな作りになっています。

輪を引手に通して房をくぐらせて取り付けるのですが、

あまり紐が長くなり過ぎないようにとのご要望でしたので、

輪の長さが長すぎず短すぎずのギリギリで作ってみました。

うまく取り付けが出来る事を願うばかりです。