IMG_7600

お得意様より兜をお預かりして来ました。

時代を感じさせる兜です。

この兜の紐を新調して欲しいとのご依頼だったそうです。

という事で、持ち帰って紐を着けることになりました。

以前に着けられていた紐はすでに取り外されており、

どういう物が使われていたのかが不明なために、

ほぼお任せで紐と房を準備することになります。

とりあえず紐の太さと長さをどうするかの判断のために

仮で紐を通して吟味している次第です。