今回は予告通りに撚り房のお話です。

撚り房とは房の先端を切って揃えているのでなく、糸が撚り返している房の事をいいます。

と、書いてみても非常に分りにくいですね。

ちょっと実践的な説明をしてみます。

できれば糸を2本くらい用意していただいて糸の両端を引っ張った状態で持ちます。

引っ張った状態の糸を親指と人差し指の腹を使いながら滑らせるように捻りを加えていきます。

ある程度糸が捻じれたところで、糸の中心を指で押さえながら糸を二つ折りにします。

二つ折りにしたところで中心を押さえた指を離すと糸が自然と絡み合います。

これが撚り房作りの原理です。

分かりにくく簡単な説明になってしまいましたが、これらの作業を機械が全て行って画像にあります状態に房が出来あがります。

撚り房を使った商品はおすすめ記事をご覧ください。

撚り房