今日は紐も房も出てきません。

かれこれ25年以上前にある方が細工した瓢箪をご覧ください。

透かし彫り全体

 

ディスプレイによっては見えにくいかもしれませんが、

これは瓢箪にお手製のナイフで切れ込みを入れて

瓢箪の中に電球を仕込んでいるものです。

わやらかい光が幻想的です。

趣味でやられていたのですが、ちょっとした職人技となっていました。

懐かしい作品のご紹介でした。