本日仕上がっていますのは古代紫の房です。

はい。昨日の投稿と色違い品です。

そして昨日と同じく提灯用の房です。

古代紫金糸入り房

この菊結びをしている紐は芯(アクリル紐)が入っているうえに

金糸(ソフト金)の紐を織り込んでいますので、

腰があり花の形が崩れにくいのが特徴です。

 

Follow me!