ロクロ

房を作るうえで重要なパーツとなるロクロをクローズアップ。

ロクロの加工工程を左より順に並べてみました。

作業の順序としては金紙に水のりをつけて貼り付けて、

その上から網を被せてくびれの部分をミシン糸でくくりつけ

最後にロクロの中央に空いている穴へ網の先端を

入れるとともに木工ボンドで接着します。

網を被せたロクロを“網掛(あみか)け”と呼んでいます。

とくかく毎日大量に使うパーツですので

ある程度の量をストックしておくのも大変です。