この紐はおそらく2回目の登場。

桐箱にかける紐として再度ご注文いただきました。

ご依頼いただいています房付き紐は、今では珍しい贅沢な使われ方をします。

文章で説明する自信が無いので参考画像をご用意いたしました。

(この紐の結び目の部分が房だと思っていただけると非常にありがたいです)

紐を折返して紐の両端を合わせて房を付けます。

紐の輪に房が一つ付いていると言う方がイメージしやすいでしょうか。

こうして作った房付き紐を箱(箱がある体で)掛けると、

二重の紐で箱を飾る事になります。

画像では2本の紐を繋げていますが、桐箱などに使われる場合は梅カンなどOリングの付いた金具を箱に付けて、

そのリングに紐をくぐらせて使われます。

ちょっと贅沢な飾り付けにいかがでしょうか?