装飾用紐房の専門店 

紐作り

使い込まれた機械と道具で熟練の職人が作る紐
紐作りの機械

1.糸の巻き取り
紐を作る最初の工程はボビンへ糸を巻き取る事から始まります。数十年使われている木製のボビンに作る紐の太さに応じて1本から4本の原糸を巻き取ります。
ボビン 糸巻き

2.製紐機へのボビン立て
糸を巻き取ったボビンを製紐機のかんざしに立てます。柄物の紐を作る場合はこの作業で配置を決めます。
ボビン立て 柄紐

3.製紐
ボビンをセットし終えて機械のレバーを入れると右回りと左回りのかんざしが交差しながら紐が組みあがっていきます。
製紐機 ガイド通し

当工場では用途に合わせた紐作りが出来ます。

紐、房に関するご質問 お気軽にお問い合わせください。 TEL 0942-43-6782 受付時間 9:00 - 17:00 (日・祝日除く)

”お問い合わせバナー”/

 

”お買い物”/
”ブログバナー”/

 

”動画チャンネル”/

 

”紐作りバナー”/

 

”主要商品バナー”/

 

”お人形バナー”/

 

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 池尻紐房工場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.