稲穂結びを画像で解説してみたいと思います。

稲穂1

適量の紐を1本ご用意いただきまして輪を作ります。

この輪の長さが結びの長さとなります。

そして作った輪の右側を左へ倒します。

稲穂2

そしてAを輪の上から下へと通します。(Aの紐は常に輪を通す紐です)

稲穂3

紐を通したら今度は左から右へと倒します。

通し紐Aがある方へ輪を倒すと覚えるといいと思います。

稲穂4

通し紐Aを輪に上から下へと通します。

左右交互にこれを繰り返していきます。

稲穂5

最後に輪が小さくなって倒す余地がなくなったところで完成です。