まずは画像をご覧ください。

叶結び

左の画像の結びが“口” 右の画像の結びが“十”となっています。

これは一つの結びの表と裏でこうなっています。

口と十を合わせて『叶』となることから叶結びと呼ばれています。

先日ご紹介したネックレスの結びに比べれば、ほんの少し手数は必要ですが、

比較的簡単な結びのひとつです。

この結びはラッピングにもつかえますし、

ネックレスを作るときの結び初めに使ってもいいかと思います。

結び方は改めてご紹介する予定です。

 

ちょっとした飾り結びを覚えておくと役に立つこともあるかもしれません。