衣装の段取りが着いた所で頭の制作に入ります。

材料はこちら。

頭の材料

黒の江戸打ち紐と木製の瓢箪(ひょうたん)です。

本来この木製の瓢箪はループタイを作る為の物ですが、

人形の頭に使って下さいと言わんばかりの形をしています。

まるみといい頭にはぴったりの形です。

特にくびれがある事で衣装に挿しこんでも引っ掛かりになるので

すぐに抜けてしまう事がありません。

頭を挿し込み

いきなりですが、こんな風になりました。

ここから冠をつけたり最後の仕上げに入ります。